神戸市垂水区、神戸市須磨区、神戸市長田区、神戸市北区、神戸市西区でリフォームのことなら、屋根工事、屋根修理、外壁塗装、外構工事リフォーム、ガーデニング、キッチンリフォーム、お風呂リフォーム、トイレリフォームなどどんなリフォームでもお任せください。

リクルート

ライフライン駒ヶ林店のリフォームに関するキャンペーン、リフォームのイベント、リフォームに役立つ商品のご案内を行っております。

ショールームスタッフが行く【北野異人街風見鶏の館(旧トーマス住宅)を訪ねて】

不定期に紹介している「ライフラインショールームスタッフが行く」。
今回は地元神戸の北野異人街の風見鶏の館(旧トーマス住宅)へ行ってきました。
神戸に住んでいながらなかなか行く機会のない異人街。
橋川は子供のころに行ったことはありますが、小林はなんと初めて。
とはいっても、橋川も子供のころの記憶はうすらうすら。

今回、リフォーム店で働くからこそ見えたものがたくさんありました。 【北野異人街風見鶏の館ってどんなとこ???】
  明治42年(1910)、ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物です。
北野・山本地区にある異人館の中で、レンガの外壁の建物としてはここだけで、その色鮮やかなレンガの外壁と尖塔の風見鶏は北野異人館のシンボル的存在です。
国指定重要文化財で、色鮮やかなレンガ、石積みの玄関ポーチ、2階部分など、他の異人館と違った雰囲気をもっています。

また尖塔の上に立つ風見鶏はよく知られ、今では北野町の象徴として欠かせない存在になっています。
風見鶏はその名の通り、風向きを知る役目をもっていますが、
雄鳥は警戒心が強いことから魔除けの意味や、またキリスト教の教勢を発展させる効果があるといわれてきました。 旧トーマス住宅は、1階に玄関ホール・応接間・居間・食堂・書斎があり、
2階には夫婦の寝室・子供部屋・客用寝室・朝食の間などがあります。室内のデザインは、部屋ごとに違いますが全体にドイツ伝統様式です。
建物の設計は、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデ(G.de.Lalande)で、明治30年代後半から大正初期にかけて日本で活躍した建築家だそうです。
【トーマスご夫妻と一人娘のエルザさんの写真】 1階食堂 1階応接間/書斎「最高のポーズを決めているつもりですが、当日は服装が丸かぶり!
このあと合流した産休中のショールームスタッフの橋本に大笑いされました。」 2階 朝食の間/客用寝室/子供部屋のミシン・コンセントとスイッチ ベランダ トーマス一家は1914年、一人娘のエルゼさんをドイツの学校に進学させるために、休暇を兼ねて一家三人でドイツへ一時帰国中に突然勃発した第一次世界大戦により、
  神戸への帰還ができなくなるという悲劇が起きました。
近年、神戸市が風見鶏の館を文化財に指定した時にドイツにも新聞記事で紹介され、エルゼさんは神戸市に連絡をとり、
そこからエルゼさんが神戸市に招待され半世紀以上も経って初めてお里帰りが出来たそうです。 この『風見鶏の館』で特に印象的だったのはウィンドトリートメント(窓装飾)。
カーテンの吊り方がとてもきれいでした。
単純に窓枠に合わせ吊られたものはなく、天井に近い部分から床上まで天井をより高く見せていました。クロスにあわせた家具も印象的でした。

異人街には他にもたくさんの歴史的建造物があります。ドラマで注目されている今、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

オーダーカーテン好評受付中
豊富な品揃えでお部屋にピッタリのオーダーカーテンが見つかる!
掲載の商品の他にも、カーテンアクセサリーやレールなども展示しております。
ライフスタイルに合ったリフォーム・インテリアのトータルプランを提案します!
ライフライン駒ヶ林店(アグロガーデン駒ヶ林店) ライフライン星陵台店 アクセスMAP

トップページ > ライフライン駒ヶ林店

リクルートプライバシーポリシーサイトマップ相互リンク

ページの上部へ戻る

リフォームのことなら神戸の株式会社ライフラインにお任せ下さい

Copyright © 2010-2016 LIFELINE All Rights Reserved.